不動産投資はリスクもある

「投資」というのは、基本的にリスクのあるものだと心得ておくべきです。リターンもとても大きいものではありますが、決してリターンだけではなく、リターンの裏には大きなリスクがあるという現実も知っておかなければならないのです。

その点、不動産投資はその最たるものと言えるでしょう。不動産投資は投資の中でもとても大きなリターンをもたらしてくれる可能性を秘めているのですが、同時に大きなリスクを被る可能性もあります。不動産投資に限らず、投資は基本的にリスクとリターンが比例しているものです。リスクが大きければリターンが大きく、リターンが大きければリスクの可能性も大きい。

これは投資の常識なのですが、不動産投資は取得額がとても大きいものになります。つまりはそれだけ大きな額を投資するという事になりますので、損失額が物凄いものになる可能性もあれば、他では得る事が出来ないような利益を得る事だって出来るようになるのです。それらの事をしっかりと心得た上で不動産投資を行うべきかどうかを考慮すべきです。

決して義務ではありませんので、その点をよくよく踏まえた上で、不動産投資を行うべきかどうかを判断すべきものだと言えるでしょう。

Posted in ビジネス

老後生活をじっくり考えておこう

老後の資金について、皆さんはどの程度お考えになっているでしょうか?

全く考えていない、という人はそれほどいらっしゃらないかと思いますが、緻密に考えているという人もまたそれほどいらっしゃらないのではないかと思います。なんとなく漠然と考えているという人が大多数を占めているかと思いますが、実はこういった姿勢というのが老後難民の発生につながっているということができます。

まず、今まだしっかりとした老後資金について考えていないという人は、老後難民にならないためにも、是非老後にどれぐらいの資金が必要なのか、ということを改めて計算してみていただきたいと思います。その際、見積もるべきなのは生活費だけではありません。老後には単純な生活費の他に、病院などにかかるための費用、住居を修繕するための費用、日々に潤いをもたらすための費用など、様々なカテゴリーのお金が必要となります。自分が求める老後生活のグレードによって必要な資金というのは変わってきますが、それなりのものだと仮定するのであれば、夫婦で1億円近いお金が必要だと言われています。

この全額を自分で用意するべきだというわけではありません。退職金や年金などがあるために一部は補填されますから、残りについて考えておく必要があります。

Posted in 老後全般

老後の生活はどんな感じ?

長寿の国、日本は世界からとても絶賛され、日本の歴史や食事などに長寿のヒントがあるのではないかと注目を集めていますね。日本人が普段つかっている畳や箸が、長寿の秘訣なのでは?と、海外の人も我先にと買い求めている話も聞きます。

いつまでも、元気で長生きするということは、昔からとてもめでたいとされていました。しかし、今の日本ではあまり心から喜べない問題もあります。それは、少子高齢化です。今の日本人の平均寿命が80歳を超える中、少子化には歯止めがかからない状態です。このままだと2040年には、1人の若者が1人の老人を支えるという「肩車体制」の時代がくると言われています。それに加え、経済もあまり芳しくないなど、老後不安に陥る要素が沢山ありますよね。

そんな時代だからこそ、老後の資金はしっかりと貯蓄しておくことが大切ですね。老後に必要な資金は、1億円あるとゆとりある生活が送れるといわれています。現役時代、一生懸命働き続けたからこそ、老後の生活は自分の好きな時間にあてたいものです。これは、誰しも願っていることでしょう。

老後不安を少しでも解消するためにも、今から自分の老後について考えてみませんか?その先には、明るい老後の生活が待っていますよ。

Posted in 老後全般

資産形成をしていくと良い人

資産形成をしていくと良い人というのは、将来において大きな不安を持っている人と言えます。
大きな不安を感じている人、不安に思ってしまいついつい生活に支障が出てきてしまうような人は、自分でしっかりとした資産形成をしておくべきであると言えます。

当然貯金なども良い資産形成になると言えますが、投資などを行なっていくのも1つの手段であるといえます。ただ、投資の場合資産がマイナスになってしまう可能性があることを忘れないように注意が必要です。
マイナスにならない、絶対にプラスになると考えてしまうと、それは大きな過ちになってしまいます。

資産形成をしていくと良い人というのは、この他には、将来的に大きな出費が予想できる場合、子どものための貯金をしておきたいと考えている人があてはまります。
このようなことが予想できる場合、計画的な資金形成が必要になってくるので、逆にしっかりとした資金形成ができないと、資産形成ができないときに、生活に大きな支障が出てきてしまうこともあります。

日々の出費を減らせる工夫をしていくことも重要になると言えます。日々の出費を減らしていくことも、資産形成をしていく上でとても大切な考え方の一つです。

知らなきゃ損する分散投資のノウハウを学べる注目記事

Posted in 投資関連

貯蓄としての学資保険の比較

子供の教育資金を貯める方法として学資保険がありますが、この保険は保険会社と契約することによって違いがあるとされています。そこで、保険選びにおいては、それぞれの特徴を確認して子供にあった保険を選択するべきといってよいでしょう。

学資保険の加入年齢については、たいていの保険会社では、0歳から加入できるようになっています。中には、生まれる前から加入でき、早くから子供の教育資金を貯めることができるアフラックなどの保険会社もあります。

また、学資年金のお受け取り年齢についても各保険会社で異なるようですが、受け取り年齢については、15歳、18歳、22歳と高校大学の進学時期に満期となることが一般的ですが、10歳込済、17歳払済、18歳払済として進学時期に間に合うような保険会社もあります。

学資保険の場合、もし契約者が亡くなったときには、保険料の払込は免除となることが多く、保険金についても満期まで予定どおりに受け取ることができることを共通としているようです。

なお、この保険は、学資一時金と学資年金に払い込んだ保険料が上回る貯蓄型の学資保険もあります。そのことから、戻り率の高い保険がある保険会社では人気があるとされています。

Posted in 保険情報