貯蓄としての学資保険の比較

子供の教育資金を貯める方法として学資保険がありますが、この保険は保険会社と契約することによって違いがあるとされています。そこで、保険選びにおいては、それぞれの特徴を確認して子供にあった保険を選択するべきといってよいでしょう。

学資保険の加入年齢については、たいていの保険会社では、0歳から加入できるようになっています。中には、生まれる前から加入でき、早くから子供の教育資金を貯めることができるアフラックなどの保険会社もあります。

また、学資年金のお受け取り年齢についても各保険会社で異なるようですが、受け取り年齢については、15歳、18歳、22歳と高校大学の進学時期に満期となることが一般的ですが、10歳込済、17歳払済、18歳払済として進学時期に間に合うような保険会社もあります。

学資保険の場合、もし契約者が亡くなったときには、保険料の払込は免除となることが多く、保険金についても満期まで予定どおりに受け取ることができることを共通としているようです。

なお、この保険は、学資一時金と学資年金に払い込んだ保険料が上回る貯蓄型の学資保険もあります。そのことから、戻り率の高い保険がある保険会社では人気があるとされています。

Posted in 保険情報